パソコンを見る女性とSNSアイコン
  • ホーム
  • SNSでの拡散やSNSからのバックリンクにSEO効果はあるの?

SNSでの拡散やSNSからのバックリンクにSEO効果はあるの?

SNSは商品やサービスなどの販売売上につながると、評価する人は多いかもしれません。
それは、SNSは無料で利用できるだけではなく、メッセージにURLを記述しての拡散もできるからです。
また、SNSの性格上、フォロワーが多ければ多いほど、多くのユーザーへバックリンクの拡散を狙えます。
これが、SNSの真骨頂でしょう。
その結果、多くのバックリンクを手に入れることができるので、SEO効果は期待できるのではと考える人は多いかもしれません。

ところが、Googleのウェブマスターが動画やSNSなどを通じて、SNSがSEO効果をダイレクトに発揮することは難しいという旨の発言がありました。
Googleと言えば大手検索サイトの一つでもありますが、検索エンジンアルゴリズムを、自社でも利用し、さらに他の大手検索サイトにもライセンス供与しています。
ですから、このGoogleのウェブマスターのアナウンスは、SEO全体にも影響する発言と言えるでしょう。
また、ほとんどのSNSではno follow指定がなされています。

この意味は、一般的なウェブサイトを検索結果に表示させたければ、Googleのクローラーというプログラムに、うまく取り込まれるようにする必要があります。
しかし、no followを指定すると、クローラーに取り込まれませんから、検索結果にも、直接的に反映されません。
また同時に、検索結果の順番をできるだけ上位表示したい希望を叶える事は難しいことを意味しています。

SNSで拡散されるほどの良コンテンツを大事にしよう

SNSでのバックリンクを使って拡散を狙うというSEO対策は、直接的な評価を期待する事は難しいと、Googleのウェブマスターは述べています。
それは、SNSのSEO評価をポイント制で表すとすれば、自動投稿するような機能を持ったプログラムを年中走らせておけば、単純にそのポイントを上げることができるでしょう。

しかしGoogleでは、そのような自作自演でシェアーを伸ばしたものなのか、またはユーザーに価値があるコンテンツで、その結果SEO効果としてのポイントが上がっているのかを判断する事は困難であると、発言しています。
とは言え、価値があるコンテンツであれば、自然にシェアーされるというナチュラルリンクが確立しやすくなった結果であるかもしれません。
後者であればナチュラルリンクが自然に増えていくでしょうから、心配無用です。

では、SNSとバックリンクの関係はどうなるのかというと、前述したようにSNSだけでは、決定的なSEO効果は望めないでしょう。
しかし、Googleではプログラムだけで評価しているわけではなく、人間も参加して判断を下していると言う発言も見られます。
ですから、GoogleではSNSとバックリンクを、完全に否定しているわけではないことが分かるでしょう。
そしてSNSからバックリンクを手に入れるという事実を、Googleは評価している可能性は高いと考えられます。

関連記事