パソコンを見る女性とSNSアイコン

自分のサイトが、Googleの検索で上位に表示されることを望んでいる人は多いでしょう。
自分が作ったサイトに多くの人が訪れ、楽しんでもらいたいと願うのは、どのサイト運営者でも同じであると考えられます。
サイトをより多くの人に知ってもらうためには、きちんとSEO対策をする必要がありますが、SEO対策の要とされているバックリンクには、一体どれくらいの効果が期待できるのでしょう。
どんなバックリンクであっても同じような効果が得られるのでしょうか。
ここでは、バックリンクとその効果について、さらにGoogleに好まれているバックリンクについても説明します。

外部からのバックリンクとは何か

バックリンクとは、外部のサイトから対象のサイトやページに向けて設置されたリンクのことを言います。
言いかえれば、外部のサイトのなかで、自身のサイトやページが紹介されるときに、リンクとして設置されます。
コンテンツを共有したり参考にされたりしたときにも設置され、ソーシャルメディアでシェアや紹介されたときにも同様にリンクがつけられるのです。

バックリンクされることのメリットには、自身のサイトが他の場所でも目につきやすくなることで、アクセス数が増やせるという効果が考えられるでしょう。
それだけでなく、バックリンクはSEO対策にも非常に威力を発揮するのです。
それは、Googleの検索エンジンの持つ評価基準であるアルゴリズムに、外部からのリンクが多いサイトは質のいいサイトであると判断するという基準持っているためであると言えます。

Googleのロボットとは

Googleでは、ユーザーにとって有益で信頼できる情報を提供することよりために、ロボットが巡回し、質の良いサイトの検索順位を上げ、質の悪いサイトの検索順位は下げています。
しかし、ロボットであるために検索されたキーワードに関するコンテンツの内容やわかりやすさは理解できても、実際にコンテンツにどれほどの価値があるのかは判断できません。

また、人間のような感情もないため、めちゃくちゃ面白いと感じることも、役に立ったと思うこともできないのです。
そのため、ユーザーは、実際にコンテンツについてどのような評価をしているのかを知る必要があります。
外部からのリンクは、それを知るためのツールとして使われています。
実際に役に立つと思ったサイトは、自分のページで紹介したいと考えるブロガーも多いのです。
それを自分のサイトに転載することで、多くの人の目に留まります。

さらにそれを見たほかのユーザーも引用することでさらなる広がりを見せ、サイトへのバックリンクの数が増えていくという効果が予想されます。
これは、学術論文のスタイルと同じもので、質の高い論文は他の研究者から参考にされることが多く、多くの論文に引用されています。
さらに被引用された数が多い論文は良い論文であるという評価基準も設けられているのです。
Googleの創業者たちはそういった仕組みに着目し、バックリンクの多いページが検索上位表示される仕組みを作り出しました。

Googleの評価の仕方

Googleでは他のサイトからのリンクをたくさん獲得しているサイトは、ほかのユーザーからの指示を得ているサイトであると考えています。
そのため外部からのリンクの多さは、ユーザーからの人気の度合い示していると考えられます。
Googleがほかの検索エンジンよりも優れていると言われる理由には、知りたい情報が見つけられるという事にあります。
ユーザーにとって知りたいと思う情報を正確に検索上位表示できる性能に優れたGoogleにとって、バックリンクはサイトの評価を判断する基準となっているのです。
そのためSEO対策を行う上で、外部からのリンクを増やすことは、質のいいサイトであると判断してもらうためには非常に重要であると考えるべきでしょう。

Googleから評価されない悪質なバックリンク

少しでも多くのバックリンクを集めることで、質の良いサイトであると判断されることは事実です。
しかし、リンクはどんな種類でもいいわけではありません。
Googleはリンク先の内容もしっかりとチェックしていますので、悪質なリンク先であればサイトの評価を下げられるだけでなく、ペナルティを受けることもあります。
現在では、簡単にサイトが作成できるようになり、自作自演でバックリンクを結ぶことも可能になりました。
そこでGoogleでは不正なバックリンクを作成することで、正しい検索上位表示がされなくなることを懸念し、監視を強化しています。
リンク元となるサイトもチェックし、意味のないコンテンツを持つサイトであると判断された場合には、バックリンクとしてカウントしない技術も開発されているのです。

相互リンクはペナルティを受ける可能性もある

Googleから評価されないバックリンクは、自作自演のリンクだけではありません。
これまで頻繁に行われていた相互リンクにおいても、ペナルティを課される可能性も出ています。
特に相互リンクページを大量に作り、多くのサイトと過剰にリンクさせてしまうことで、不自然であると判断されてしまうのです。
相互リンクは、相手に呼びかけてリンクを結ぶことも行われていますが、そういった行為も、現在ではペナルティの対象となる危険性があると考えられています。
質の良いサイト同士がリンクしあうことでいい結果を生み出すことも考えられますが、相互リンクを依頼してきたサイトが、質の悪いサイトである場合には、きっぱりと断るのがいいでしょう。

検索結果順位の操作は悪い評価を受ける

また、検索ランキングを不正に操作することを目的としたリンクは、リンクプログラムからのバックリンクであると判断されてしまいます。
リンクやリンクを含む投稿に関する金銭や物品のやり取りがある場合や、リンクを過剰に交換した場合、アンカーテキストリンクにキーワードを大量に利用することを促し、他のユーザーに投稿を依頼するキャンペーンなどを行った場合、さらには自動化されたプログラムを用いてのリンクの作成などを行った場合にも、リンクプログラムであるとみなされてしまいます。

さらに、他のサイトの順位を意図的に下げるために行われるネガティブSEOも悪質であると言えます。
ネガティブSEOにはさまざまな手法がありますが、質の悪いリンクを相手に大量につけることで、意図的に相手にペナルティを課されるように仕向けるのが一般的でしょう。
スパムとして認識されるようなサイトから、短期間に大量のリンクがつけられることや、特定のキーワードを使用し、アンカーテキストが同じリンクをいくつもつけてきます。
これは、Googleがペナルティの対象としている基準を逆手に取り、悪用しているのです。
また、他のサイトの順位を意図的に下げるためだけでなく、自分の対策サイトで自作自演をしていることをごまかすためにも、検索上位のサイトに対してスパムリンクを送ってくることもあります。
こういった非常に悪質なやり口であっても、Googleではペナルティの対象であると判断してしまうので、注意が必要です。

自然に獲得する良質なバックリンクをGoogleは最も好む

バックリンクというのは、外部のサイトからつけられたリンクであり、外部のサイトの中で紹介や引用する際につけられます。
外部からのリンクが多いサイトは、ユーザーにとって誰かに紹介したくなる、面白いサイトであると評価されているのです。
そのため、バックリンクの数はサイトに寄せられた人気の票であるとも考えられています。
Googleには、外部からのリンクが多いサイトは質のいいサイトであるという判断基準があるため、バックリンクの数が多いほどサイトの評価が上がり、検索上位に表示されやすくなります。
しかし、外部からつけられるリンクには注意する必要もあるのです。

質の悪いサイトからのリンクは、サイト自体の評価を下げる可能性や、ペナルティの対象となってしまうこともあります。
これまで頻繁におこなわれてきた相互リンクは、質の良いサイト同士であれば良い結果を生むことも考えられます。
しかし順位を上げるために意図的に相互リンクを呼びかけていると判断されることもあるのです。
特に質の悪いサイトからの相互リンクの依頼は断るのがいいでしょう。
金銭や商品のやり取りがあるリンクプログラムの使用は、不正に検索順位を操作していると判断され、ペナルティの対象とされています。
さらに悪意を持って他のサイトの検索順位を下げるために、ペナルティを課されるように仕向けるネガティブSEOは非常に悪質であると言えるでしょう。

質のいいリンクを増やすことが大切

SEO対策には外部からのリンクの質には十分に注意し、質のいいリンクを増やすのがおすすめです。
質の良いリンクというのは、自分のサイトにとって関連性の高いサイトや、人気のサイトからのリンクです。
人気のサイトというのは、ユーザーからも信頼されているサイトであるとも言えるでしょう。
そのようなサイトからの自然リンクを得られることで、自分のサイトも信頼されていると判断されるのです。
リンクの数はサイトの人気を示しているため、自分のサイト自体に人気が出ないことには、質の良い自然リンクが集まってきません。

SEO対策を考えるときにはバックリンクばかりにとらわれるのではなく、コンテンツの質にもこだわりましょう。
オリジナリティにあふれ、面白い内容のコンテンツであれば、人気が集まり、そこから自然とリンクが増えていくのです。
そのためにはユーザーが何を求め、何を期待しているのかという事をよく考え、ユーザー目線に立ったサイト作りをする必要があります。
検索上位に表示される目的で、ネガティブSEOを送り付けるというような事は決して考えてはいけません。

自然リンクを増やすためには非常に時間がかかります。
しかし、地道に努力し、質の高い内容のコンテンツをいくつも積み上げていくことで、ユーザーから人気が出るでしょう。
そうすることで、外部のサイトから紹介したいと思われるサイトへと成長し、自然リンクの数が増えていくのです。
バックリンクの力はサイトの力であると言いかえられるため、力のあるサイトこそが上質な自然リンクを手に入れることができます。
Googleが望んでいるのは本当に上質なサイトであり、ユーザーから人気が出ることで自然と獲得しているバックリンクがSEO対策の要であるのです。

記事一覧
色々なSNSアイコン

SEOにおいてバックリンクというのは上位表示には欠かせないものになりますし、中古ドメインなどを購入す...

SNSは商品やサービスなどの販売売上につながると、評価する人は多いかもしれません。 それは、SNSは...

インターネットを使ったビジネスをしていると、必ず耳にするのがSEOです。 とりわけバックリンクの重要...

SEO対策として自作のサテライトサイトにリンクを貼り、バックリンクを受けようとすることがあると思いま...

Googleなどで検索順位を上げるためには、良質なコンテンツを量産する必要がありますが、それだけが方...